しそ酢ダイエット

テレビでしそ酢ダイエットが公開されてから、やにわにしそ酢が注目を集めるようになりました。しその絞り汁を瓶に入れた黒酢に加えたものがしそ酢です。ポリフェノールであるロズマリン酸は、シソの葉っぱに入っている成分です。シソ科の植物に主として含まれているロズマリン酸は糖を分解する酵素に働きかけ、糖の分解を抑制します。これがしそ酢のダイエット効果なのです。炭水化物などを食べ過ぎると分解されたブドウ糖が中性脂肪へと変化し、使い切れなかった分は体内に蓄えられることになります。脂肪が体内に溜め込まれると肥満になります。ロズマリン酸によって脂肪の分解が抑制されると、脂肪の蓄積を減らせるわけです。炭水化物がブドウ糖にならずに体外に排出されますのでしそ酢を摂取すると脂肪が体内に溜まりにくくなり、結果的にダイエット効果をもたらします。ダイエットのためにしそ酢を飲む場合、だいたい大さじ2杯〜3杯を一日に摂取することで効果が期待できます。味に抵抗がある人は、水などで薄めて調整してください。はちみつを加えても味わいが変わります。ダイエットのためには日々忘れずに、食事の後のしそ酢を習慣化させて飲むようにすることです。食事の後のしそ酢を習慣化することで、ダイエットを効率的に進めていれば目標達成も早いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*