2017年 7月 の投稿一覧

しそ酢ダイエット

テレビでしそ酢ダイエットが公開されてから、やにわにしそ酢が注目を集めるようになりました。しその絞り汁を瓶に入れた黒酢に加えたものがしそ酢です。ポリフェノールであるロズマリン酸は、シソの葉っぱに入っている成分です。シソ科の植物に主として含まれているロズマリン酸は糖を分解する酵素に働きかけ、糖の分解を抑制します。これがしそ酢のダイエット効果なのです。炭水化物などを食べ過ぎると分解されたブドウ糖が中性脂肪へと変化し、使い切れなかった分は体内に蓄えられることになります。脂肪が体内に溜め込まれると肥満になります。ロズマリン酸によって脂肪の分解が抑制されると、脂肪の蓄積を減らせるわけです。炭水化物がブドウ糖にならずに体外に排出されますのでしそ酢を摂取すると脂肪が体内に溜まりにくくなり、結果的にダイエット効果をもたらします。ダイエットのためにしそ酢を飲む場合、だいたい大さじ2杯〜3杯を一日に摂取することで効果が期待できます。味に抵抗がある人は、水などで薄めて調整してください。はちみつを加えても味わいが変わります。ダイエットのためには日々忘れずに、食事の後のしそ酢を習慣化させて飲むようにすることです。食事の後のしそ酢を習慣化することで、ダイエットを効率的に進めていれば目標達成も早いでしょう。

バナナ酢ダイエット

バナナを使ったバナナ酢は、雑誌などでも紹介された有名なダイエット方法です。バナナ酢ダイエットの人気はどんなところで、どうやればいいのでしょうか。市販のバナナ酢もありますが、バナナを黒酢に漬け込むことでバナナ酢は作れます。ダイエット効果抜群の黒酢に栄養価の高いバナナを漬けることで健康にも大変良いお酢ができあがるというわけです。果物の中でもバナナはカリウムが多く、栄養価の高い食べ物です。カリウムには体内の塩分を排出する作用があり、利尿作用でむくみの解消になります。カリウムはダイエットにとても効果的です。カリウムが脂肪を分解する酵素を活性化させ、間接的に脂肪を分解するからです。また、バナナ酢には便秘の予防にいいペクチンや、糖質分解を助けるアミラーゼも含みます。バナナ酢にはビタミンB6が豊富です。この栄養素が体内で不足すると皮膚炎や貧血の原因となります。シェイプアップ効果だけでなく、お肌の調子をよくする効果もバナナ酢には期待できます。日に30mlが目安です。酸味が気になる人は豆乳やヨーグルト、牛乳などに混ぜても美味しくなります。ダイエットだけでなく、バナナ酢はたくさんいいことがあります。毎日続けることで、ダイエット、美肌、健康など様々な効果が期待できます。

コスプレヤーにおすすめに脱毛

リンゴ酢ダイエット

酢を使ったダイエットで人気があるものにリンゴ酢ダイエットがあります。リンゴ酢とはどんなもので、ダイエットにどう作用するのでしょうか。日本酒を発酵熟成させたものが米酢ですが、リンゴ酢はリンゴ酒を発酵熟成させたもので、酢独特のツーンとするようなにおいがあまりありません。お酢のツーンとくるにおいの元は酢酸です。リンゴ酢には不揮発性のコハク酸、クエン酸、リンゴ酸が酢酸の代わりに多く含まれています。それで揮発性の酢酸の香りが和らぐのです。元々リンゴが含んでいる有機酸は腸の悪玉菌を抑えつつ善玉菌を活性化させ、腸のお掃除をして調子をよくする効果があります。腸の働きを活性化させ、便秘解消が期待できることもリンゴ酢ダイエットが効果的な理由です。リンゴそのものに含まれるペクチンは腸の運動を活性化させ、腸内のビフィズス菌を増加させ善玉コレステロールも増やす効果がありますが、リンゴ酢はリンゴの成分を含むのでもちろんペクチンは含まれています。また、利尿効果の促進や便秘の解消、体内の老廃物の排出効果がリンゴ酢にはありますので、余分な水分を外に出しむくみを解消する効果もあります。リンゴ酢ダイエットに効果があると言われるのは、このような理由です。適量は一日に30mlですので、ダイエットを目的に飲む時は原液30mlを目安にリンゴ酢を毎日摂取しましょう。日々忘れずに、習慣化させてリンゴ酢を飲むとダイエットが期待できるでしょう。酢のすっぱさが苦手で飲めなかった人でも、リンゴ酢なら続けやすいのではないでしょうか。